データ復旧業者の選び方や、バックアップについてお伝えします

バックアップを取ろう

ハードディスク

リスクを下げましょう

データ復旧を依頼する人は、どのような人でしょうか。まず、大切なデータを持っているということが挙げられます。例えば、結婚式のデータや家族旅行のデータといった大切な思い出が詰まっている写真を壊してしまったときに復旧を依頼する人が多いようです。つまり、一生もので替えのきかないデータ、人生の思い出と紐付いているデータは、なんとしてでも復旧させて取り戻したいと考える方が多いことがわかります。さらに、業務上必要な情報であるという可能性もあります。業務を集計しているExcelファイルなど、なくしてはならないデータを壊してしまった場合は、パソコンごとデータ復旧業者に持ち込みましょう。こうすることで、取り戻せる可能性があります。また、ものぐさな人であるということも考えられます。つまり、バックアップを取っていないからです。大切な情報を失わないために、パソコンのデータのバックアップを取っておくことが大切です。これをサボっていると、1カ所にしかパソコンのデータがないという状態になります。これは、専門用語で冗長性が低い状態といいます。このような状態は、万が一のことがあったときに取り返しのつかない事態を招いてしまいます。そして、万が一の事態というのは、起きないと思っていても起きてしまうものです。リスク管理の観点からは、冗長性を確保したほうがよいでしょう。バックアップをすることで、安心して業務に集中することができるようになります。

Copyright© 2020 データ復旧業者の選び方や、バックアップについてお伝えします All Rights Reserved.